メニュー

国民生活センターへのトラブルに注目

国民生活センターへのトラブルに注目

国民生活センターの記事です。

→http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20130307_2.html

以下記事内容より抜粋
[2013年3月7日:公表]
増加する住宅リフォーム工事のトラブル-トラブルは悪質な訪販リフォームだけじゃない!

主な相談事例

訪問販売の事例

【事例1】屋根の塗装工事を契約したが、契約金額を修正液で書き直された

【事例2】訪問販売業者の言うままに契約し、代金を支払ったが業者と連絡がつかない

【事例3】11件で総額500万円のリフォーム工事を契約させられていた

【事例4】訪問してきた業者に急かされ、屋根工事の契約をしたが、解約したい

【事例5】訪問販売で屋根の塗装工事を依頼したが、業者が工事に来ない

【事例6】植木の剪定(せんてい)を依頼したのに、塗装工事も契約させられた

店舗購入の場合

【事例7】外壁リフォーム工事を契約したが、業者が一方的にキャンセルした

【事例8】リフォーム工事を契約したが、請求額が最初の金額より1.5倍も高い

【事例9】当日中に契約しないと、50万円高くなるといわれた

【事例10】施工内容がずさんな上、口頭での契約と請求金額が違う

【事例11】浴室と洗面所のリフォームをしたが、施工がずさんで請求額が見積りと違う

塗装業界はトラブル産業

塗装工事を、
どこに依頼すればトラブルが未然に防げるのか?

塗装工事でのトラブルを防ぐためには、3つの安心の基準を満たしている業者に依頼してください。

  • 訪販業者
  • 工務店
  • リフォーム店
  • ハウスメーカー
  • 私のような塗装専門会社

それぞれの業者には、
長所と短所があります。

そこで、
どんな会社に依頼しても安心できる基準をお伝えします。

  1. 建設業の許可を持っている業者であること
  2. 低価格ではなく、工事の技術にこだわる会社
  3. 地元の会社であること

最低限でも上記の3つを守ってください。

まず、建設業の許可ですが、
建設業法で定められた国土交通省の許可
です。
50万円~200万円前後の塗装工事に建設業の許可は不要です。

しかし、ある基準の建設工事には必要な許可です。
ですから、
建設業の許可は、安心できる会社である証明の目安なのです。

2番目の工事の技術にこだわること。
これが大切な理由です。

外壁、屋根の塗装は、
外側から見える部分を対処すれば安心できるとは限りません。

壁の内側が腐っていたり、
雨漏りがしていて、
家の中が劣化している可能性があります。

そこで、
現場経験が豊富なベテランの現場担当者、
もしくは、
資格を持っている方に依頼してください。

3番目は、地元の会社を選ぶことです。

地元で実績があれば、評判や口コミで、
業者の良し悪しが判断できるはずです。

また、

  • 社員の出入りが激しい会社
  • 社員の給料が歩合制の会社
  • 営業マンが担当する会社

は避けた方がいいでしょう。

なぜならば、
お客様のことより、
自分の給料のことが大切な者では、
良い仕事は出来ないからです。

そう考えると、
塗装業者選びはシンプルですね。

地元に根づいている、
適正な資格を持っている会社を選んでください。

最後に、国民生活センターは、
お客様に次のようなアドバイスをしています。

  • 見積りを複数とって金額と工事内容を確認する
  • 工事内容について業者と話し合ったことは、記録に残す
  • 工事を依頼するにあたっては、必要性についてよく検討する
  • 訪問販売などの不意打ち性の高い勧誘の場合、その場で契約しない
  • トラブルを未然に防ぐための制度を活用する
  • トラブルになったら、すぐに消費生活センター等相談機関に相談する

もし、ご不明点があれば、
私たちエムアールにご相談ください。

お見積り無料
お問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら