初めて塗り替えをする方へ

代表 澤田昌秀直伝「失敗しない、後悔しない塗り替え5箇条」

株式会社エムアール代表取締役の澤田昌秀です。

私たちが事業を展開している塗り替え工事は、近年、多くの業界が新規ビジネスとして参入されている注目の業界であります。その為、中には如何わしい業者やぼったくり業者などがいるのも現状です。

本当にお客様にとって良い塗り替えとは、建物に合った塗料、工法、価格でとことん品質にこだわった丁寧な施工だと思います。
「失敗しない、後悔しない塗り替え」をする為には塗り替えに関する知識を勉強する必要があります。

エムアールでは塗り替えセミナーや相談会、勉強会も定期的に開催しています。詳しい知識を知りたい方は個別でも行っていますのでお気軽にご連絡ください。

では、「失敗しない、後悔しない」ための5箇条をご紹介します。

まずは、大前提として必ず相見積もり(複数の会社に見積もりを依頼する)をしてください!

  • その一、「しっかりと建物の診断をしてもらう」

    現状をしっかりと確認し、メンテナンスがなぜ必要かを理解する

  • その二、「価格で決めない」

    安いには安い理由があります。「安かろう、悪かろう」にならない為に

  • その三、「正式な契約書に基づき契約する」

    細部まで確認し、後のトラブル防止

  • その四、「必ず納得したうえで契約する」

    1つでも「?」があれば納得するまで契約はやめましょう

  • その五、「保証制度がしっかりした会社を選ぶ」

    保証&アフターサービスがしっかりしていなければ危険です

この五箇条を守っていただければ、リフォーム工事において「失敗や後悔」する確率はほとんどなくなると思います。
他にもまだまだありますが特に重要な部分です。もっと詳しい情報をお求めの方はお気軽にお問い合わせください。
どんな些細な事でも真剣にお答えします。

~外壁塗装の失敗事例集~

これは、実際にあったお客様からお聞きした失敗の中でも、特に多かった失敗事例です。

まず、1番多いのは、金額だけ聞いて判断されてしまう方です。また、一応説明は聞いても、頭の中に金額が大半を占めていれば、失敗する事が多くあります。
当然ですが安く工事をしたいし、お得に工事をしたいですよね。

しかし、商品、サービスには原価というものがあります。

この業界では、それを下回る金額が多く出ています。そのような金額で工事をしてしまうと、当然ですが不具合が起きる訳です。
業者は安く工事を請負う事は出来ますが、確実に利益を得なければ事業として成立しません。

安く契約し利益を出す為にはどうするか?
それは、「手抜き工事」です。

料金を安くするために3回塗りを2回塗りにしたり、一番重要な下地処理を省いてしまったり、本来するべき作業を減らし、金額を下げるのです。

例えば、塗る回数を1回減らせば全体の20~30%くらいは値引きしても問題ないのです
完成した時は見た目ではほとんどわかりませんが、2~3年経過すれば工事の品質は驚くほど差が生じます。

安いには安い理由があります。「安かろう、悪かろう」にならない為にも適正な価格で工事を行う事が重要です。

  • よく行われる手抜き工事をご紹介します。

    • ①塗る回数を減らす
    • ②下塗りを塗らずにいきなり上塗り
    • ③見積りより低ランクの塗料を使う
    • ④下地処理をしない
    • ⑤塗料を水やシンナーで基準以上薄める
  • 大幅な値引きで契約してしまう方

    次によくあるのが値引き額で決めてしまう方です。
    業者によっては初めの見積りを高く出し、お客様の様子をうかがいながら値引きをする営業マンもいます。


    本来100万円でできる工事の見積りを200万円で出しました。お客さんと話しを進めながら少しずつ値引きをし、最後に「今日契約してくれたら50万円値引きします!」などと言われてしまい、契約してしまうのです。


    しかし、本来、適正な価格は100万円なのです。適正価格を知らずに値引きをされても錯覚でしかないのです。


    例えば、100万円するロレックスの時計が50万円値引きしてもらえたら、本当に50万円の値引きです。これは買う側が100万円するという知識があるからです。


    しかし、100万円のロレックスの価値を知らずに、「この時計は200万円です。今日は特別に50万円値引きします。と言われるのと同じです。

    重要なのはその価値を知るという事です

  • 内容を理解せずに契約し、後からの追加工事で失敗する方

    見積りの内容が一式等の表記がしてあり、「これは見積りに入っていませんので追加工事になります」などと言われ、結果的に高い工事金額を支払う場合があります。

    工事が始まってしまえば、見積りに入っていないと言われれば、どうせ足場を架けてしまったのだからしょうがないと思い失敗される方も多いです。


    しっかりと建物を診断し、診断書をもとに詳細な見積りを提出してもらい、内容をきちんとお客様が理解する必要があります。

    場合によっては家の外で説明を受けた方が、より分かりやすいのでできれば細かい部分まで質問し、理解される事をお勧めします。

失敗事例一覧

  • とにかく安かったから契約した。
  • ②今日契約してくれたら●●万円値引きしますと言われ契約した。
  • ③近所で塗装工事をしているので今やれば通常より値打ちにやりますと言われた。
  • ④近隣住民に対して配慮がなく工事後から近所付合いが悪化
  • ⑤知り合いの会社に頼んだら不審点や苦情を言いづらかった
  • 見積りが一式になっていて全て込みと言われたが、結局やってもらえなかった
  • 農協の方から来ましたと言われ、信用したが実は農協の方角から来た人だった
  • 訪問販売で工事を行い、数年後、不具合が起きたため電話したが繋がらなかった
  • 相見積もりを取らずに契約したため、後からその金額が高額なのに気づく
  • 工事が始まってからやたら追加が多く、結局高額な追加料金を支払った

お問い合わせ