メニュー

外壁・屋根塗装の塗替え時期の目安

外壁・屋根塗装の塗替え時期の目安

外壁の塗替え時期ですが、
その目安は、材質、塗装方法によって異なります。

一般的に、
新築してからおおよそ8年~10年と言われています。

気になる症状があれば、早めに専門家の建物診断を受けましょう。

しかし、中古住宅を購入された方は、
もしかすると、いつ塗替えたのか?わからないかも知れません。

また、
立地条件や環境によっては劣化の進行が早い場合もあります。

そこで、気になることがあったら、
良心的な専門会社に診断してもらうことをお勧めします。

私たちは、
お客様に「外壁塗装は虫歯と同じです。」
とよくお伝えします。

痛くてどうしようもなくなってから歯医者さんに行くと、
4~5回は通院しなくてはなりません。
神経を抜いたり、かぶせ物をしたり、
治療も大掛かりになります。

しかし、定期検診で小さい虫歯が見つかって治療をする場合は、
その日か、次回に少しの治療で完治します。
治療費や時間にも大きな差があります。

外壁塗装も同様です。
雨漏りが発生したり、外壁に大きなひび割れが入ったり、
鉄部が錆びてからでは下地処理の費用が別途かかったり、
場合によっては塗装ができない状態もあります。

そんな状態になると、
外壁材や屋根材自体を交換したり、
費用も工期も余分にかかってしまいます。

そうならない為にも早めの建物診断、メンテナンスをお勧めしています。

建物診断は無料ですので
「まだ早いかな?」と思われても早めの診断をご検討ください。

診断だけでも構いません。
皆様が失敗や後悔しないためにも私たちは喜んで診断します。

こんな症状が1つでも見られたら建物診断を行いましょう!

  • ①外壁を触ると白い粉がつく
    (チョーキング現象)

  • ②外壁のひび割れ

  • ③コーキングのひび割れ

  • ④鉄部の錆びの発生

  • ⑤塗膜の剥がれ

  • ⑥コケ・藻の発生

ご不明な点があれば、いつでもお問い合せ下さい。

お見積り無料
お問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら