メニュー

塗替え工事。業者別メリット・デメリット

塗替え工事。業者別メリット・デメリット

現在、リフォームや外壁や屋根の塗装工事は、
様々な分野の業者が工事を行っています。

大手家電量販店や、
ホームセンターまで扱っています。

更に、多くの異業種の業界からも参入してきています。

理由は、外壁・屋根塗装は、
住宅リフォームの工事の中でも工事の手配が簡単だからです。

どの業者に依頼してもそれぞれのメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットを理解してから工事を依頼しましょう。

下請けの会社に丸投げしやすく、
工事の単価も高いので、
塗装に関する知識のない業者や、
住宅関連とは程遠いIT業界までもが、
紹介サービス等で手数料を得ているなど
塗装業界に注目し進出しているのです。

実際の現場では、工事の体制は各業者さまざまです。

最も重要なのは、
大手ほど工事を全部一括して下請けの会社に丸投げしてしまうことです。
(塗装工事を下請けの会社に一括発注する業者は非常に多いです。)

そこで、 業態別のメリットとデメリットを整理しておきます。

企業業態 メリット デメリット
ハウスメーカー ·知名度(企業ブランド力)がある ·ほとんどが下請け業者に発注している
建設会社 ·企業的に安心 信頼性がある ·下請け業者の手抜き工事が心配
工務店 ·建物に対する知識が期待できる ·施工業者との連携が不安
リフォーム会社 ·営業など業務を分担しているので対応が良い ·専門知識がない場合が多い
ホームセンター ·マニュアルや実績が豊富 ·広告費·営業人件費等で比較的高額
塗装専門店 ·塗料や工法についての専門知識が豊富
·直接施工で高品質でも安価にできる
·直接施工だから職人との連携が万全
·地域密着だから何かあった時に心強い
·広告·営業人件費が少ないため安価にできる
·知名度(企業ブランド)がない
·小さな会社だと企業的に不安
·業者によって技術力に差がある
·広く広告を出してない為知名度が低い
訪問販売業者 ·ありません ·営業マンの取り分が高額で工事も高額
·下請け業者の手抜き工事がほとんど
·高かろう、悪かろうが多い
·何かあった時の対応が悪い

ご不明なことがあれば、いつでもご相談ください。

お見積り無料
お問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら