3分で分かる外壁塗装

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

3分で分かる外壁塗装

この度は、当社のホームページにお越しいただきありがとうございます。

はじめまして。
株式会社エムアール代表取締役の澤田昌秀です。

私は、生まれも、育ちも、
現在も刈谷市に住む生粋の刈谷人です。

私たち株式会社エムアールは、
地元刈谷市を中心に、品質にとことんこだわった
外壁、屋根・防水工事を手掛けている会社です。

最近は、安売り価格を歌い文句にする業者さんが増えました。
お客様にとって価格が安いというのはとても魅力的なことですね。

しかし、その反面、
「安い価格」に惑わされ、2~3年で塗料が剥がれたり、不具合が起きたり
といったトラブルをよく聞きます。

約10年に一度、大切なマイホームを塗替える。
これは家族にとって、重要なことです。
ですから、絶対に失敗や後悔をしてほしくありません。

私たちエムアールは、
皆様に塗装工事に関する正しい知識を身につけていただくことで、
少しでも参考にしていただきたいと考えています。

失敗しない、後悔しない塗替え工事を一つでも増やすことが、
この業界の発展へ繋がると確信しています。

では、失敗しない、後悔しないための6箇条をご紹介します。

その1 建設業の許可を取得している会社に依頼してください

建設業許可とは国や県から認可されている会社です。

国民生活センターに寄せられるリフォーム工事のトラブルは
毎年6,500件を超えます。
その多くが訪問販売と塗装工事です。
ですから、必ず、建設業の許可をもつ会社に依頼してください。
建設業許可とは国や県から認可されている会社です。
納税、労働基準、社会保険加入等、基準をクリアしている会社になります。
500万円以上の工事を請け負う場合は必ず必要になります。また、5年毎に更新手続きが必要になりますのでしっかりとした会社を見極めるうえでは重要なポイントになります。

その2 しっかりと建物の診断をしてもらう

装工事は、業者から正しい診断を受け、それぞれのお宅に適した工事内容を提案してもらいましょう。

現状をしっかりと確認し、メンテナンスがなぜ必要かを理解してください。
建物の構造や劣化はそのお家毎に異なります。
築10年でもメンテナンスの必要が無い場合も稀にあります。

お客様ご自身がご自宅の現状を知る事が失敗しない塗替え工事の一番の近道です。

その3 価格で決めない

昨今、インターネットの発達によりお客様が得られる情報が増え、
訪問販売会社等のぼったくり業者が以前よりかなり減ってきました。
その反面、特に安売り&手抜き業者が増えました。
安くても適正価格と同じ利益を得るために塗る回数を減らす、
本来、必ず必要な下地処理作業を省く等の手抜き作業、
塗料を規定量以上に希釈(シンナーや水で塗料を薄める)する等で利益を得ます。
安いのは安い理由があります。
「3回塗」を「2回塗」にすることで30%OFFにすることが可能なのです!「安かろう、悪かろう」にならない為に価格で判断するのは絶対にやめましょう。

その4 正式な契約書に基づき契約する

塗替えは工事が完了してすぐには、適正な施工が行われたかを見た目で判断する事は、
ほとんどできません。
1~2年後に不具合が発生してくるのが手抜き塗装工事です。
その時に正式な契約書が必ず必要になります。
また、工事中に起きたトラブルに関してもどのように対応するか等も
契約書に明記されているかが重要になります。
後のトラブルを防止する為にも、
しっかりとした契約書を交わす必要があります。

その5 必ず納得したうえで契約する

塗替え工事はお客様が思っている程、複雑な工事ではありません。
建物診断で現状を知り、見積書で施工内容、使用塗料を確認し
契約書で保証内容・工事中の瑕疵責任を確認できます。
1つでも「?」があれば納得するまで契約はやめましょう。
細かい事でも質問し、お客様の立場になって丁寧に説明してくれる
業者であれば契約するべきだと思います。
全ての「?」不安を解消し、納得した上で契約しましょう。

その6 保証制度&アフターメンテナンスがしっかりしている会社を選ぶ

塗装後、定期的にご自宅を点検し安全な状態をキープする必要があります。
特に手抜き工事を行われた場合は不具合が1~2年以内に発生する可能性が高いです。
塗替え工事は保証&アフターサービスがしっかりしていなければ危険です。

その7 リフォーム瑕疵保険に加盟している会社を選ぶ

リフォーム瑕疵保険(別途費用)に加入する事で、
第三者が完了検査を行い、工事を保証します。
第三者が保証するという事は適正に工事が行われているから保証できるのです。
手抜き業者はリフォーム瑕疵保険に加盟していないか活用することを拒みます。
また、施工した会社が数年後に万が一倒産してしまった後に施工不良が発生した
場合でも、手直し工事の費用を負担していただけます。

PAGE TOP