メニュー

雨漏り・防水工事の費用と基礎知識

雨漏り・防水工事の費用と基礎知識

一般住宅の屋上、ベランダ、バルコニー等が、
風雨等で劣化して雨漏れが起きる場合があります。
また、ビルやマンション等の屋上部分は雨風が侵入しやすい個所です。

一般的に雨漏りをお客様が発見する場合は
室内に雨漏りが確認できた時がほとんどです。

しかしながら、室内に雨漏りが発生した時には
既に建物にはかなりのダメージが発生しています。

外部が雨水の入口です。
出口が室内の壁や天井になります。

壁や天井にシミが出来るまでには
壁や天井の内側や柱等に雨水が伝っていきます。

そこは湿気が多くシロアリ被害や
外壁材の内側にはカビ等が発生します。
目に見えない部分が劣化するのが雨漏りです。

ですから、定期的にメンテナンスをすることをお勧めします。
日頃の定期的な点検をすることで、
雨漏りなどの被害を防ぐことができます。

また、定期的なメンテナンスで、
万が一、雨漏りがしても、
防水工事の費用を抑えることに繋がります。

そこで、気になる方は、
一度、調査・点検をおすすめします。

雨漏り・防水工事の(工法)の種類。
メリット & デメリット。

防水工事の工法は、たくさんの種類があり、
メリットとデメリットがあります。

それぞれの工法に、建物の構造に適しているかが重要です。

また、メリットとデメリット以上に、
防水工事を施工箇所へ対応できる、
最適な工法を選ぶプロの技術が必要です。

防水工法 費用の目安 耐用年数の目安 適する施工場所 防水工事の·工法の特徴
FRP防水 平均的 8~10年 ベランダ 軽量で耐水·耐候·耐食性に優れている。施工中に臭気が気になる場合がある。
ウレタン防水 平均的 10~12年 全て 施工が比較的容易。また、廃材が出ないので、費用を抑えることができる。
ゴムシート防水 低め 10~12年 屋上 厚みが薄いので損傷しやすいが、工期·コストを抑えることができる。
アスファルト防水 高め 15~20年 屋上 防水層が丈夫。施工のばらつきが少なく耐用年数が長い。

雨漏り・防水工事の費用(価格)の目安です。

雨漏り・防水工事の一般的な価格・費用の相場をご紹介します。

ウレタン防水(1㎡)=4,500~7,500円程度

ゴムシート防水(1㎡)=4,000~7,000円程度

FRP防水(1㎡)=5,000~7,500円程度

アスファルト防水(1㎡)=5,500~8,500円程度

上記価格・費用の相場は、
㎡当たりの一般的な目安です。

現場の状況により、下地処理費用等が発生し
お見積りの費用が変わる場合があります。

ご容赦ください。

雨漏りが心配で防水工事をご希望の方は、
必ず、良心的な会社に調査をしてもらい、
詳細なお見積りをもらってください。

お見積り無料
お問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら