初めて外壁塗装をお考えの方へ(西川)

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

お知らせ

初めて外壁塗装をお考えの方へ(西川)

2019年02月14日

刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

初めての外壁塗装を検討中の方に弊社の施工の流れを説明します。

その前に外壁塗装をする必要性を簡単にご説明しますと、外壁やシーリング、付帯部(雨樋・破風等)は常に紫外線や風雨に当たりその物自体が劣化していきます

その劣化を防ぐために、外壁塗装を行うのです。

外壁塗装は単に外壁だけを塗装するのではなく、外壁のつなぎ目の目地にゴム状のシーリングと言われるものが打たれており、打ち替え(サイディング外壁の場合)をしますし、雨樋や破風板、雨戸・シャッターボックス等も劣化していきますので、外壁の塗り替え時と同時に塗り替えをお勧めします。

では弊社での施工の流れは、まず<足場組み>。塗装の職人が安全に作業しやすい足場を組みます。

 

 

そして次は先ほど出てきた<シーリング>補修です。

シーリングは外壁目地・窓廻りに打ち替えをお勧めしています。

 

 

 

続いて、<高圧洗浄>ですね。

弊社では塗装するところだけでなく、窓や駐車場の土間や玄関前のタイル、外構といったところも併せて高圧洗浄を行います。

 

 

 

 

これは建物の劣化症状によって異なりますが、洗浄の次は下地処理としてケレン作業やクラック補修等を行っていきます。

また、錆びの進行具合が酷い場合は機械ケレンなども用いて作業したりします。

 

 

 

 

そしてようやく<塗装作業>に入っていきます。

外壁、付帯部、屋根においても同じ工程になりますが、まずは<下塗り>塗装です。

下塗りは非常に大事な工程で、隅々までしっかりと塗装されていないと数年後に塗膜の剥がれ等の不具合が生じる恐れがあります。

また、素材によって下塗り材は変えないと上塗り材の密着が悪くなったりもしますし、板金部分には錆止めが必要です。弊社では必ず下塗りが終了した時点で下塗り検査を実施しております。

 

 

続いて<上塗り1回目、2回目>です。

外壁塗装は基本的に3回塗りです。塗料によっては2回塗りもあります。

弊社では外壁の塗料は水性を提案させて頂いております

外壁塗装それはお客様の健康被害を考えてです。極端な言い方をすれば、外壁に溶剤を使うと直接室内にシンナーの臭いが入り込み、常にシンナーを

浴びているような状態になります。現在使われている溶剤系塗料は弱溶剤ですが、それでもシンナー臭はあるわけで、敏感な方は気分を悪くしてしまいます。

 

塗装作業がすべて終わった後、<解体前検査>を行います。

まず自主検査で上から下まで塗り残し・塗りムラ・塗料の付着等がないか隅々まで検査します。その後お客様立会で一緒に出来上がりを見て頂きます。

 

ここでようやく<足場解体>になります。

そしてその後、もう一度<解体後検査>を行います。これは足場を解体したりした時に建物に傷をつけていないか、周囲の物を破損していないか等のチェックも含まれています。

足場がなくなった状態で再度検査し、改めて家の周りの掃除を行い(日々各工程が終われば片付け・掃除はしております)お引渡しとなります。

 

お引き渡し後、最後に<施工報告書>をご提出します。

 

外壁塗装をお考えの方は、 刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアールまで

現地調査・お見積りは無料にて実施しております。

 

お気軽にお電話お問い合わせ待ちしております!

PAGE TOP