塗装の前に大切な作業(田尾)

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

お知らせ

塗装の前に大切な作業(田尾)

2019年02月18日

刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

店長の田尾です。本日は外壁塗装で一番大切な下地処理について書いていきます。よくある3つの例をあげますので、ご参考にして頂ければと思います。

 

まず、分かりやすい例で言えば次の写真のような『塗膜の浮き』です。

 

 

 

 

外壁材か鉄部などの塗膜が浮いている状態でどんなに高性能の塗料を塗装したところで、浮いた塗膜と一緒に剥がれてしまいます。これは下地処理として密着していない旧塗膜をしっかりと除去したうえでの塗装必須です。

 

 

 

 

また、外壁に多くあらわれる次の写真のような『ひび割れ(クラック)』の処置も非常に重要です。

 

 

 

 

ヘアークラックと呼ばれる、幅が0.3mm以下の細かなひび割れは弾性の下塗り材で埋めることが出来ますが、それ以上の幅のひび割れは塗料では埋めることができません。

下地処理としてシーリング材の充填やモルタル樹脂などを下地にあった補修材で処置をする必要があります。ひび割れを処置せずに塗装すると、ひび割れが大きくなり、雨水が侵入し雨漏りを引き起こしたり外壁材自体が雨水を吸収し、変形してしまったりします。

 

そして最後に『錆び』です。

 

 

 

弊社では、錆びが発生している場所は下地処理としてケレン作業を行い、ある程度錆びを落としてから塗装作業に入ります。

何故かと言うと、錆び落としが不十分な状態での塗装は錆びの再発に繋がるからです。高いお金をかけて塗装を行ったのに数年で錆が出ている…というのはよく耳にします。

 

下地処理は時間を多く費やし、労力もかかるので手を抜く業者が多いのが実状です。『当たり前の事をきちんとやる』。しっかりと下地処理を行わなければ、お客様が安心して長く暮らせる塗り替えは提供できません。お客様の大切な財産である家を、責任をもってしっかりと守る外壁塗装を行い、これからも提供し続けるよう日々励んでいきます。

 

また、上記のような症状が出ている場合は、お見積り&相談は無料ですので、いつでもお気軽にお問合せ下さい。

メールでのお問い合わせはこちらへ→お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせはこちらへ→0120-62-6140

※過去の施工事例を見る場合はこちらへ→施工事例一覧

 

外壁塗装専門店 株式会社エムアール

〒448-0011 刈谷市築地町1-4-1

受付時間 10:00~17:00 (水曜日定休)

 

 

PAGE TOP