外壁材の種類と劣化症状(西川)

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

お知らせ

外壁材の種類と劣化症状(西川)

2019年03月07日

刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

こんにちは。今日は西川が『外壁材の種類と劣化症状』について書き込みしようと思います。

皆様のご自宅は、どの外壁材でしょうか。ぜひ見比べてみてください。

 

1.モルタル壁

【特徴】砂とセメントを水で希釈して混ぜ合わせ、コテで貼り付けた外壁材。ラス鋼という金網に盛り付けるため、強度が高い。防水性にも強く、信頼性は高いが、防水が切れると傷みは早くなる。最近の新築では採用が少ない。

【劣化症状】モルタルの剥離、クラック、浮き、カビによる汚染、褪色

 

 

 

 

2.窯業系サイディングボード

【特徴】縦や横に張り付ける外壁材。表面の仕上げはタイル鋼やレンガ模様になっていて、一見外壁塗装の必要がないように見えるが、石膏やセメントを混ぜ合わせて作られているためい強度は高いが、防水が切れると劣化が早い。凍害が問題になっている。

住宅で一番多い外壁材。

【劣化症状】

目地のコーキングの割れ、ボードの反り、割れ、触れると白い粉がつく、爆裂、褪色

 

 

 

3.トタン外壁

【特徴】金属素材の外壁材。金属素材なので防水性は抜群。美観や断熱性の問題を気にしなければ耐久性は高い。普通の板金の物や、ガルバリュウム鋼板など錆びにくいトタンもあります。

【劣化症状】

白サビや赤サビなどの腐食、風による浮き

 

 

 

4.ALCボード

【特徴】コンクリートを軽石のように作り、軽量化された外壁材。強度は非常に強いが、長期間放置しておくと凍害により内部からぼろぼろになる。

手入れが遅れると、再塗装が不可。エアーライトコンクリートの壁。ビル等によく使われている。

【劣化症状】

爆裂、褪色、クラック

 

 

 

その他にも外壁材はありますが、一般的に多くみられる外壁材を上げました。

さて、皆様のご自宅はどの外壁材でしたでしょうか。自分の家の外壁材が何か、どのような症状が出ているのか、一度確認してみてはいかがでしょうか

どんな些細な事でも構いません。気になることがございましたら、 刈谷市外壁塗装専門店 株式会社エムアールまでご連絡下さい!

 

メールでのご相談、お問合せはこちらから

電話でのお問い合わせは0120-62-6140まで

PAGE TOP