塗り替えのタイミングの4つのチェック(西川)

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

お知らせ

塗り替えのタイミングの4つのチェック(西川)

2019年03月28日

刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

 

皆様こんにちは。今まで書き込んだことと重複する部分はありますが、今日は外壁の塗り替えをいつしたらいいのか分からない方。簡単に判断がつく4つのチェック項目をご紹介します!

 

【チェック1】チョーキング現象

これは、簡単に説明致しますと塗料に含まれている樹脂成分(シリコンやフッソなど)と顔料が劣化によって分離し、顔料が粉化して外壁表面にあらわれてくる現象です。

外壁塗装をすることによって劣化の原因となる紫外線・風雨から守るのですが、その〝守る力〟が弱まってきているということになります。

 

 

 

【チェック2】シーリングの劣化

外壁と外壁のつなぎ目(目地)にはシーリングが打たれておりますが(外壁の素材によってはない場合があります)、そのシーリングが劣化していきますと細かい亀裂や破断が起きてきます。その原因の多くは紫外線ですが、それ以外にシーリング材に含まれている可塑剤が抜けてくる事も原因の一つです。これらの原因でシーリングが硬化して縮んできて亀裂が起きていきます。

亀裂や破断が起きますと、その隙間から雨水が浸入し建物の躯体に悪影響を及ぼします。そのようになってしまいますと、外壁塗装だけではすまなくなってしまいます。

 

【チェック3】ひび割れ

外壁にひび割れやかけている部分があればシーリング材などで補修する必要があります。雨水浸入に繋がります。

 

 

 

 

【チェック4】屋根・外壁の色褪せ

色が部分的に変色していたり、苔や藻が繁殖している。

苔や藻が繁殖していると、それは常に湿気を帯びており外壁や屋根にはいい状態ではありません。

 

 

 

上記の4つの項目を一度チェックしてみてください。

一つでも症状がでていれば、ぜひ刈谷市外壁塗装専門店 株式会社エムアールまでご連絡下さい。

 

メールでのご相談、お問合せはこちらから

電話でのお問い合わせは0120-62-6140まで

PAGE TOP