不必要な工事について/知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

お知らせ

不必要な工事について/知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2019年04月29日

知立市 刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

 

店長の田尾です。今回は、『不必要な工事』についてご説明させて頂きます。

外壁塗装は、安価な工事ではありませんのでお客様も慎重です。相場が分からない、どういった工事を行えば良いのかわからない、といったお客様も多くいらっしゃいます。私共が提出させて頂いたお見積りで、「A社は〇〇を取り付けないといけない。B社では××をしないといけないと言われた」と、不必要な工事をさも必要であるかのように追加工事をすすめてくる業者もあります。その一例をご紹介します。

カラーベスト材屋根塗装時のタスペーサー

『タスペーサー』とは、カラーベスト屋根塗装時に隙間を強制的に開けておくクサビ状の詰め物です。

塗装を行った際に本来開いている隙間を塗料で目詰まりさせてしまうと、確かに雨漏りの原因になることがあります。

一般的に外壁、屋根塗装で行うのは築10年以上経過している場合がほとんどです。築10年近く経っていると、紫外線や凡雨で劣化し、反ってきて隙間が開いてきます。すでに塗料で目詰まりすることがありえない状態でタスペーサーを取り付けるというのは、不必要な工事といえます。複数回目の塗装や、屋根に膜厚を必要とする塗料を塗装する、劣化が軽微で隙間がほとんどない等の場合には、タスペーサーは有効です。現在の屋根の状態によって必要な工事、不必要な工事とかわります。

カラーベスト屋根=タスペーサー必須 と間違った解釈をしている業者が多くいるのが現状なんです

 

屋根に登ってしっかりと検査、診断を行った上で、必要・不必要と判断できるのです。今回は、不必要な工事の中でも屋根のタスペーサーについてご説明させて頂きました。

その他にも不必要な工事というものはございますので、また改めて更新させて頂きます。

ぜひお気軽に、刈谷市外壁塗装専門店 株式会社エムアールまでご連絡下さい。

 

メールでのご相談、お問合せはこちらから

電話でのお問い合わせは0120-62-6140まで

PAGE TOP