シーリング(コーキング)でお悩みの方必見/知立市 外壁塗装 外壁リフォーム 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

お知らせ

シーリング(コーキング)でお悩みの方必見/知立市 外壁塗装 外壁リフォーム 株式会社エムアール

2019年05月06日

知立市・刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

本日は、サイディング外壁やALC外壁の塗装を行う際に、同時に行われる事の多いシーリング(コーキング)についてご説明させて頂きます。

シーリングとは、『気密性や防水性のために施工される隙間を埋める目地材の総称』です。(外壁材のつなぎ目部分やサッシ周りに充填されているゴム状のもの)

一般的なシーリングは10年前後で劣化し手入れが必要となる場合が多いです。

シーリングの劣化が気になり、外壁塗装をお考えになるお客様も多くいらっしゃいます。

シーリングが劣化すると弾力性が失われ、亀裂や切れを起こします。その亀裂や切れから雨水が侵入し、外壁材の小口(側面のシーリングが本来密着している箇所)から吸収しています。湿潤⇔乾燥を繰り返すうちに外壁材の変形を起こしてしまい、押え釘の浮き、押え釘周りの外壁材のひび割れ、下地の間柱(サイディング外壁を固定するための木材)の腐食など、様々な不具合を引き起こします。

※下記写真はとある戸建ての劣化状態です。

また、ベランダ周りの外壁(腰壁)のシーリングの切れから薄いが侵入した場合、防水層の内部に雨水が溜まり、防水層の再構築が必要となる場合があります。

サッシ周りのシーリングの切れから雨漏りに直結する場合もあります。

外壁材の交換、防水層の再構築など、いずれも費用が多くかかりますので、いろいろな箇所で不具合が起きる前に、シーリングの切れや亀裂が見受けられた場合は、早い対応が必要です。

ご自宅の建物で何か気になる箇所等がございましたら、一度刈谷市外壁塗装専門店 株式会社エムアールまでご連絡下さい。

 

メールでのご相談、お問合せはこちらから

電話でのお問い合わせは0120-62-6140まで

PAGE TOP