刈谷市&知立市の外壁塗装専門店 株式会社エムアール

刈谷市/知立市で外壁塗装・屋根塗装のことならエムアール


  • MENU
無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら 来店予約はこちら

施工事例

【知立市】高耐久シリコン塗料でブルー系に変わった外壁・屋根塗装(戸建てA様邸)

2024/06/04 更新

施工前 Before 0120626140
施工後 After
施工概要
  • 住所:愛知県知立市
  • 工期:約4週間
  • 工事費用:120
  • プラン名:高耐久シリコンプラン
  • 耐久年数:10~12年/保証年数:8年
  • 施工概要:足場工事 外壁塗装 屋根塗装 シーリング打ち替え工事 ベランダ防水工事
  • 詳細内容:足場/272㎡ 外壁/158.8㎡ シーリング/202.5m 

    【塗料メーカー】関西ペイント
    【シーリング材】変成シリコン
    【カラーNo.】外壁(1F)/75-50H 外壁(2F)/75-80D 屋根/75-20D 付帯部/75-20D

施工前

タイル調外壁

【チョーキング】が発生していました。
チョーキングとは、塗料が紫外線などによって劣化し、顔料が粉状に浮き出ている症状です。塗膜の役割である防水機能が低下しているので、塗り替えが必要な状態になります。

外壁

デザインが違う外壁も同様に【チョーキング】が発生していました。

外壁目地

外壁材の繋ぎ目に施工されているシーリング材に【切れ】が見受けられました。
一般的なシーリング材の耐久年数は10年程度で【硬化⇒亀裂⇒切れ⇒欠損】という段階で劣化が進行していきます。

窓周り

窓周りにも外壁と同様にシーリング材が施工されています。こちらも外壁と同じで【切れ】が見受けられました。窓周りのシーリング材の劣化は『雨漏り』の原因に直結する恐れもありますので、早めの対応が必要です。

屋根

屋根にはカラーベストが施工されています。
全体的に【コケ】が多く付着していました。コケは良好な状態には繁殖しにくく、劣化して防水機能が失い、雨水が染みこんだ屋根材に繁殖しやすくなるものです。またコケは根を生やし雨水を染みこませやすくしますので、更に劣化が早く進行していく要因にもなります。

破風

【チョーキング】が発生していました。

幕板

破風と同様に【チョーキング】が発生していました。雨水が染みこむと『変形』する恐れがありますので早めの対処が必要です。

雨樋

【チョーキング】が発生していました。
雨樋は塩化ビニル製で劣化すると弾力が失われて破損しやすい状態になっていまいます。

雨戸

【チョーキング】が発生していました。鉄部のチョーキングは『錆び』の前兆になります。

土台水切り

【チョーキング】が発生していました。

笠木

【チョーキング】が発生していました。
塗膜が弱っている様子でしたので、早めの対処が必要です。

ベランダ床

ベランダ床の塗膜が剥がれている状態でした。市販のベランダ用塗料は密着性が弱いため、はがれやすい傾向があります。業務用の保護塗料を塗布するべきですが相性が悪く、塗装を行う事で現状の塗膜を溶かしてしまう可能性がありますので、絶縁用の下塗り剤の塗布後、防水塗料を塗布する必要があります。

施工中

足場組立

足場工事は、職人の安全かつ、施工を行うのに必要な足場を確保するこで品質を高くする、塗装工事には欠かせない工事です。約1日かけて、足場を組み立ててメッシュシートを張ります。

高圧洗浄

高圧洗浄機を使用して、長年にわたり建物に付着した汚れやコケなどを丁寧に落としていきます。

雨樋

雨樋は劣化が進行してしまうと、物があたっただけで損傷してしまいます。しっかり塗膜で保護をして弾力性がある状態を保てば、破損する事も防げます。まずは表面に残っている古い塗膜や汚れ、錆び等を綺麗に落とした後で塗装を行います。

①下地処理:ケレン作業
②下塗り(掴み金具):エポキシ樹脂系錆止め
③上塗り1回目:セラMシリコン
④上塗り2回目:セラMシリコン

幕板

幕板は、外壁の中心部にある帯状の部分です。建物によって素材が違いますので下塗りの塗料は素材に合わせて選びます。凹凸があるのでローラーではなく刷毛で丁寧に施工していきます。

①下地処理:ケレン作業
②下塗り:浸透形Mシーラー
③上塗り1回目:セラMシリコン
④上塗り2回目:セラMシリコン

軒天

軒天は普段紫外線や雨風が当たりにくい箇所ではありますが、経年劣化により色ムラ等の症状が現れます。白色を選んでいただくと、室内も明るい雰囲気になります。
エムアールでは、下塗り塗料が不要な「セラマイルド」という塗料を使用します。

①上塗り1回目:セラマイルド
②上塗り2回目:セラマイルド

屋根

屋根はお家の中で一番紫外線が強く当たる箇所になります。塗装は塗漏れのないようしっかり行わなければなりません。また、塗料がしっかり密着するよう、屋根材の状態に合わせて下塗り剤をどれだけ塗布するのかを決めていきます。

①下地処理(屋根板金):ケレン作業
②下地処理(屋根板金):錆止め塗布
③下塗り:浸透形Mシーラー
④上塗り1回目:ダイナミックルーフ
⑤上塗り2回目:ダイナミックルーフ

破風

破風板は付帯部と呼ばれる個所です。こちらも他の箇所と同じように古い塗膜を除去した後、下塗りには塗料が密着しやすくなるものを使用し、メインの塗料を2回塗る事で十分な塗膜をつくっていきます。

①下地処理:ケレン作業
②下塗り:浸透形Mシーラー
③上塗り1回目:セラMシリコン
④上塗り2回目:セラMシリコン

外壁

外壁はサイディング外壁です。ローラーで塗り忘れがないようしっかりチェックをしながら塗装を行っていきます。

①下塗り:ダイナミックプラサフ
②上塗り1回目:ダイナミックトップ
③上塗り2回目:ダイナミックトップ

土台水切り

お家の下のラインを作っている土台水切りです。経年劣化により錆びや退色、チョーキングなどが発生します。
こちらも鉄部なので、下塗りに錆止め塗料を使用してから塗装を行います。

①下地処理:ケレン作業
②下塗り:エポキシ樹脂系錆止め
③上塗り1回目:セラMシリコン
④上塗り2回目:セラMシリコン

雨戸

経年劣化により白い斑状の錆びが付着していました。まずはケレン作業で錆びや古い塗膜を落としてから、錆止めを塗装していきます。

①下地処理:ケレン作業
②下塗り:エポキシ樹脂系錆止め
③上塗り1回目:セラMシリコン
④上塗り2回目:セラMシリコン

ベランダ防水

ベランダはFRP防水が施工されていました。
防水層を守るためには、防水層の上に施工されているトップコートが劣化しないよう定期的にメンテナンスを行う必要があります。
まずは機械ケレンで古い塗膜を除去した後、下塗り、上塗りと施工を行います。

①下地処理:機械ケレン
②プライマー塗布:ビックサンプライマー
③トップコート塗布:HPトップ

施工後

笠木

外壁

軒天

土台水切り

雨戸

幕板

屋根

破風・鼻隠し

お客様の声

お客様の声 知立市A様邸

初めての塗り替えだった為、分からない事が多かったがていねいに説明してもらえたので不安がなかった。他社と価格的には似た感じだったが、説明内容と顧客目線で説明してもらえた所が決め手となった。
【スタッフへのメッセージ】
日曜日が定休日にもかかわらず対応していただいたり土木業界はこわもてなイメージを受けやすいと思うがていねいな対応であったり、あいさつ等もやわらかく気持ちよかったです。

担当者からの声
(担当 : 田尾 勇樹

A様、複数の相見積の中から弊社を選んでいただきありがとうございます。初めての塗り替えとの事で不安な点も多くあったと思いますが、見積提出の際や打合せの際に細部までご説明させていただき、不安を取り除くことが出来ました。施工は天候に恵まれたこともあり、予定以上に早く完工することが出来ました。仕上がりにも満足して頂けたようでこちらとしても嬉しい限りです。Aのように皆様に喜んで頂ける工事をこれからも提供し続けて行けるように尽力してまいります。
施工事例一覧に戻る

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 施工実績 地元密着 無料診断 アフターサービス 自社施工管理 ショールーム

PAGE TOP
電話 電話で相談する
お問い合わせ お問い合わせ
来店予約 来店予約