必要な工事と不必要な工事について(田尾)

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

お知らせ

必要な工事と不必要な工事について(田尾)

2019年04月08日

刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

 

こんにちは。店長の田尾です。2回に渡り『必要な工事と不必要な工事』について説明させていただきます。

今日はまず、必要な工事をご説明していきたいと思います。

外壁塗装の際には、塗装だけでなく、様々な補修工事が必要となるケースが多くあります。一番多いのは、外壁材を繋ぐシーリングです。

シーリングに一切手をつけずに外壁塗装のみ…という施工は極めて稀なケースです。一般的なシーリング材の耐久年数は10年程度です。塗り替えも同じくらいの年数で行う事が多いので、適正なタイミングだと言えます。ただシーリングをやりかえるのはどの業者さんも言いますが、問題は工法です。

劣化したシーリング材の上に足すだけの『増し打ち』と、劣化したシーリング材を撤去して新たに重点する『打ち替え』の二通りあります。増し打ちはそのままシーリング材を補充しますので、充填量が足らないことが多く、耐久性に不安が残ります。

『増し打ち』に比べると劣化したシーリング材を撤去する手間や材料を多く使用する費用がかかってしまいますが、永く安心できるリフォームには『打ち替え』が必須だと思います。

お客様に提出するお見積りは、安いに越したことはありません。ですが、耐久性もとても大切なことだと私たちは考えております。

塗料の耐久性だけでなく、付帯工事もしっかりと目を向けてこそ、永く安心できるリフォーム工事です

では、次回に不必要な工事についてご説明をさせていただきます!

 

この記事を見て何か気になる事がございましたら、ぜひ刈谷市外壁塗装専門店 株式会社エムアールまでご連絡下さい。

 

メールでのご相談、お問合せはこちらから

電話でのお問い合わせは0120-62-6140まで

PAGE TOP