外壁に触ると粉がつくのは?/知立市 刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

外壁に触ると粉がつくのは?/知立市 刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

2021年06月11日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

お家の外壁を触ると粉が付く、これは何なのか?なぜ起こるのか?

お家の外壁を触ると粉が手に付くことがありますが、これはチョーキング現象といってこの現象が起きるのは外壁に痛みが出てきているサインです。

この粉がいったい何なのかというと、塗料に含まれている顔料が元の粉に戻って表面に現れてきたものです。塗料が乾きますと塗膜と呼ばれる薄い保護膜となり、風雨・紫外線・汚れやカビ・苔などの劣化原因から外壁材を守ってくれます。

しかし、塗料は長い年月のうち紫外線などの影響で自然と劣化し、塗膜の表面が少しずつ分解されて顔料が表面に出てくることで触ると粉が付くようになります。このような劣化症状をチョーキング現象と呼びます。

チョーキング現象は経年劣化によって起こりますが、塗装してから数年で起きるチョーキングは施工不良が原因です。その原因は、以下のような事が考えられます。

【施工不良の原因となる事】

・洗浄が不十分だった

・下地処理が不十分だった

・塗料を十分に乾燥させなかった

・下塗りをしなかった

・下地材に適した下塗り材を使わなかった

・塗料を規定よりも多く薄めて使った

・塗料を十分に攪拌しなかった

・雨の時に塗装した

・湿気などの天候に充分な配慮をしなかった

 

 

チョーキング現象がおきてもそのまま放置すると、次のような劣化がおきてきます。

色褪せ・汚れ・カビや苔・ひび割れ・外壁の腐食・雨漏り

このようなことがおきてこないように、外壁塗装をしてお家を健康な状態にしてあげる必要があります。

チョーキングがおきているといのは、お家を守っている塗膜の機能が失われている状態なので、新しい塗膜を作ってあげることにより健康な状態に戻すことが出来ます。

そのためには適切な施工を行う塗装業者を選ぶことが必要不可欠です。

 

上記のような【施工不良の原因となる事】を把握してしっかりとした施工を行う業者を選ばないと、せっかく高いお金を支払っても数年後にはまた塗り替え工事を行わないといけない状況に陥ります。単純に金額だけで業者を選んでしまうと「安かろう・悪かろう」の工事が行われ後悔することになるでしょう。

ハウスメーカー・塗装専門店・リフォーム店・訪問販売業者・安売り業者などなど塗装業者はたくさんいます。どんな会社をを選んだらいいかお悩みの方は、ぜひエムアールまでご相談ください。決して後悔はさせません。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP