シーリングが重要?徹底解説!/知立市 刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

シーリングが重要?徹底解説!/知立市 刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2021年10月24日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

【外壁塗装におけるシーリングの重要性について】

このブログを御覧になられている方の中には、外壁塗装や屋根塗装には関心があるけれど、シーリングについてはあまり関心がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしお家を長持ちさせたいという観点から見ると、シーリングのメンテナンスはとても大事になってきます。

今回のブログでは、シーリングの重要性についてお話させていただきたいと思います。

 

・シーリングが劣化する原因

第一にシーリングが劣化してしまう主な原因は、紫外線や雨などによる湿気・湿度の変化です。

一般的なシーリングの耐久年数は10年ほどと言われており、経年により硬化→亀裂→切れ→欠損という具合に症状が進んでいきます。

(劣化事例)

・シーリングの役割

では、シーリングの役割にはどのようなものがあるでしょうか。

主な役割としてお家の中に雨水等が入らないように防水をする』という役割があります。

そのためシーリングが劣化してくると防水効果が薄れてきてお家の中に雨水が入り込んできてしまう雨漏りなどの症状を引き起こします。

そしてシーリングのもう一つの役割として、地震などの振動によって生じてしまう亀裂が外壁に入らないようにクッションになる役割があります。

このようにシーリングはお家にとってとても重要な役割を担っており、定期的に点検を行うことが必要です。

経年劣化による症状が現れてきたらすぐに対処することが大切です。

 

・シーリングの補修方法

最後にシーリングを補修する際の施工方法についてお話させていただきます。

シーリングの打ち替えには、既存シーリングを撤去してから新たにシーリングを打つ打ち替と、既存シーリングの上に新たにシーリングを打つ増打ちの二種類の施工方法があります。

この2つの施工方法の違いとして、増打ちは打ち替えに比べ施工時間が短い、材料費が安いなどのメリットがあります。

しかし劣化したシーリングの上に新しいシーリング材を打つため、シーリング本来の機能がしっかりと発揮されるかという点では不安が残ります。

シーリングを打つ際には打ちしろと言われる、シーリングの幅や厚みがしっかり確保出来ているかが大事になってきますので、打ち替えされるほうが安心だと言えます。

エムアールではお客様から増打ちのご要望がない限りは基本的に打ち替えを推奨しております。

お家を長持ちさせたい安心して暮らしたいとお考えの方がほとんどだと思います。

そのためにもシーリングのメンテナンスは定期的に行っていきましょう。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

PAGE TOP