外壁の劣化の種類と対策について/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

外壁の劣化の種類と対策について/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2021年10月30日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

初めて外壁塗装をされる方、または2回目以降のメンテナンスをご検討されていらっしゃる方。

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアールにお問合せ頂くお客様からも、多くご質問をいただく『外壁の劣化の種類と対策について』ご案内致します。

 

・チョーキング現象

チョーキング現象とは、外壁や屋根などの表面を手で触れた時にチョークのような粉が手に付着する状態のことで、白亜化現象とも言われます。

この粉は塗料に含まれている顔料(塗料の色)が紫外線などにより劣化することで表面に粉状になって現れます。

チョーキング現象が起きているということは塗料の防水機能や保護機能が失われているということになるので、塗替えを考え始める最も良いタイミングです。

 

・ひび割れ

ひび割れには、幅が外壁表面の3㎜以内に留まっている小さなヘアークラックと、外壁の下地層まで割れている構造クラックの2種類があります。

ヘアークラックは髪の毛のような非常に細いヒビ割れですので、厚みのある下塗り材を塗ることでほとんど埋めてしまうことができます。

しかし構造クラックは下塗り材では埋めることができず、建物の防水性に関わる深刻なひび割れですので放置しておくと雨水が外壁内部に侵入してしまい、外壁下地や鉄部の錆びを引き起こす可能性があります。

構造クラックはヘア―クラックと違って上から塗装しただけでは補修できませんので、下地補修の際にクラック部分を削り、エポキシ樹脂やシーリング材などを充填し埋めてあげる必要があります。

 

・錆

家の外壁や屋根には鉄部と呼ばれる、鉄や金属が使われている部材があります。

お家に取り付けられている鉄部の代表として、雨戸シャッター水切り屋根板金などがあげられます。

鉄部は綺麗な状態であれば表面が塗膜で保護されていますが、塗膜の耐久性が低くなってくると、雨や湿気によってサビが発生しやすくなってきます。

錆はそのまま塗装しても、塗膜の内部で錆びが進行し塗った塗料まで剥がれてしまいますので、鉄部は塗装する前にケレン作業というものをします。

ケレン作業とはサンドペーパーやワイヤーブラシなどで錆をこすり落としていく作業になり、鉄部塗装において最も重要な工程と言っても過言ではありません。

このケレン作業を怠ると錆の再発や塗料の密着が悪くなるなどの不具合を引き起こします。

塗装業者を選ぶ際には、見積書にケレンが記載されているかを確認してみてください。

 

・最後に

外壁や屋根に起きている劣化は、すぐに塗装が必要ではないものもあれば早急に対応することが必要なものまで様々です。

外壁材屋根材の種類ごとに劣化も様々なので状態を知り、進行度に応じた対策を選ぶことが重要なことを覚えておいてください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

PAGE TOP