大府市のお客様から現地調査のご依頼がありました。/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

大府市のお客様から現地調査のご依頼がありました。/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2021年11月10日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

10月14日、刈谷市 知立市外壁塗装専門店 株式会社エムアールにお見積りのご依頼を頂き、大府市のN様邸へ現場調査に行ってまいりました。

お客様の塗装ご希望の箇所は、外壁と付帯部です。又雨樋の一部交換です。築年数はおよそ30年で、3回目の塗装をご検討されていらっしゃいます。

モルタル面とトタン面の2種類の外壁材を使用している日本家屋の戸建て住宅です。過去2回塗り替えをしているため、築30年ですがひどく劣化しているところはありませんでした。

【外壁】

<モルタル面>

前回塗装した塗膜が劣化しチョーキング現象がおきてきていました。チョーキング現象とは塗料に含まれる樹脂成分と顔料が劣化により分離し顔料が元の粉に戻って表面に現れる現象です。外壁表面の撥水効果が薄れています。

<トタン面>

こちらもチョーキング現象がおきていました。錆はおきていませんでした。

【付帯部】

破風は木で常に紫外線に当たっているため塗膜剥離がおきていました。

雨戸・戸袋 戸袋と雨戸では色褪せ具合に大きな差がありました。雨戸は常に戸袋の中に隠れており紫外線に当たっていないことが大きな要因です。

軒天、こちらは今まで全くメンテナンスをしていない箇所です。プリントベニヤの表面が劣化し木目調の柄が剝がれてきています。桁や梁は色褪せがおきてきております。

庇天板・屋根水切りは銅板のため塗装はしません。

【シーリング】

<外壁目地シーリング>

ひび割れがおきてきておりました。このままではいずれ切れて雨水侵入し躯体に悪影響を及ぼす可能性があります。早急な対応が必要です。

【総評】

定期的なメンテナンスをされている建物ですが前回塗装から10年は経過しており塗膜も弱ってきているため塗り替えは早期にすべき物件です。

一冬・一夏超えるごとに劣化は進んでいきます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

PAGE TOP