知立市のお客様から現地調査のご依頼をいただきました。/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

知立市のお客様から現地調査のご依頼をいただきました。/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2021年12月18日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

先日、外壁塗装専門店 株式会社エムアールに折込チラシよりお見積りのご依頼を頂き、 知立市のT様邸に現場調査に行ってまいりました。

知立市T様のご希望の塗装箇所は、外壁と屋根です。築年数はおよそ14年で、1回目の塗装をご検討されていらっしゃいます。外壁のチョーキングと退色が気になるとのことで、お問い合わせ頂きました。

【外壁】

知立市T様のお宅は外壁はタイル調外壁と柄がついた2種類のサイディング外壁で作られていました。タイル調外壁はチョーキングは発生しておらず、既存外壁の風合いを活かしたクリヤー塗装が可能な状態でした。

もう一つの外壁はチョーキング退色が発生してした。また、外壁の一部が反って隙間が出来ていました。塗膜が劣化し、雨水を吸収して変形したものだと思われます。

チョーキングが発生しており、外壁材の塗膜が劣化しているので塗装が必要です。反って出来た隙間はビスで下地木材に固定する事で改善出来ます。

【屋根】

知立市T様邸の屋根にはニチハ社の薄型スレート屋根材のパミールが施工されていました。

パミールはノンアスベストの屋根材でアスベスト含有建材が使用禁止になって出来た屋根材です。パミールは劣化する事でミルフィーユ状に剥がれてくる層状剝離という症状が現れますそのため塗装を行っても屋根材が剥がれてしまうため、塗装しても意味がなくなってしまいます。

対応としては既存の屋根材を剝がして新たに屋根を新設する工法と、既存の屋根材の上に板金でカバーするカバー工法の種類が考えられます。既存の屋根材を撤去すると解体費用と撤去費用がかかり、高額になってしまいますのでカバー工法をおすすめします。

【付帯部】

知立市T様のお宅は破風や鼻隠しにもチョーキングが発生していました。

破風や鼻隠しも外壁材同様に塗膜が劣化し、雨水を吸収する事で反りなどの変形を引き起こします。塗装による保護をおすすめします。

【鉄部】

シャッターボックスや土台水切り等の鉄部はガルバリウム鋼板で作られています。現状で錆びの発生は見受けられません。

ガルバリウム鋼板は20年以上ノーメンテナンスで錆びない板金で現状では錆びていませんが築14年ということですので今後錆びてくる可能性があります。錆発生前に塗装による保護をおすすめします。

【防水】

知立市T様邸のベランダにはFRP防水が施工されています。FRP防水は非常に硬く、耐久性が高い防水工法ですが、紫外線に弱い特徴があります。

防水層を紫外線から守るトップコートにチョーキングやトップコートのひび割れ等の劣化が見受けられます。定期的にトップコートの塗り替えを行う事で良好な状態の防水層を維持することが出来ますのでトップコートの塗り替えをおすすめします。

【総評】

施工が必要な箇所・おすすめするプランなど

知立市T様邸のお家は築14年ということで外壁やシーリングに劣化が見受けられました。付帯部やベランダ床にも経年による劣化の症状が見受けられましたので塗装が必要な状態です。

屋根に関しましては塗装では対応することが出来ません。新たに屋根に板金をカバーするカバー工法をご提案させていただきます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

PAGE TOP