刈谷市にお住まいのお客様から現地調査のご依頼を頂きました。/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

刈谷市にお住まいのお客様から現地調査のご依頼を頂きました。/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2022年02月05日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

先日、刈谷市・知立市外壁塗装専門店 株式会社エムアールに初売りイベントよりお見積りのご依頼を頂き、 刈谷市のN様邸に現場調査に行ってまいりました。

刈谷市N様のご希望の塗装箇所は、外壁と屋根です。築年数はおよそ30年で、2回目の塗装をご検討されていらっしゃいます。

【外壁】

刈谷市N様のお家は大和ハウスのお家で今回が2回目の外壁塗装の予定です。

外壁の塗膜にはチョーキングが発生しており、前回塗装の塗膜はかなり劣化しているのが見受けられました。また、ひび割れも各所に発生していました。

前回塗装時に補修したひび割れも再発してひび割れていました。

チョーキングは塗膜の劣化の症状の一つで、塗膜の役割である防水性能が低下している状態です。塗膜が劣化する事で外壁材が雨水を吸収し、外壁材が湿潤⇔乾燥を繰り返すうちに変形を引き起こし、その負荷でひび割れが発生したものです。

ひび割れは塗料で埋めてもひび割れは再発してしまいます。ひび割れの奥行まで補修材を充填する必要があります。補修材を刷り込むだけでは奥まで届きませんので、現状のひび割れに沿ってU字にカットして、ひび割れがないのを確認した状態で補修材を充填する必要があります。こちらの補修方法はハウスメーカーである大和ハウスでも推奨されている補修方法です。

【屋根】

刈谷市N様のお家の屋根には乾式コンクリート瓦のモニエル瓦が施工されています。モニエル瓦は汚れなどを付着させにくくするスラリー層と呼ばれる層が表面に塗装されています。スラリー層は新たに塗装する塗料も密着しにくくさせてしまうので除去が必要です。スラリー層の除去は基本的には高圧洗浄で行いますが、スラリー層が少しでも残っていると塗膜が密着せずに剝がれてしまいますので完璧な除去が必要で、高圧洗浄で除去しきれなかったものはケレン作業(磨き作業)で除去する必要があります。

苔の付着も多く見受けられますが、スラリー層を除去する過程で、苔も必ず除去出来ますので、塗装工程には問題ありません。

【付帯部】

刈谷市N様のお家の雨樋や鼻隠しなどの付帯部分にも塗膜の劣化症状であるチョーキングが発生しています。

塗膜が劣化する事で紫外線によるダメージを受けてしまいますので塗装による保護が必要です。特に雨樋は塩化ビニル製で作られており、紫外線によるダメージを受け続けることで弾力性が失われ、破損しやすくなってしまいます。

【鉄部】

大和ハウスのお家の鉄部(シャッターボックス等)は塩ビ鋼板で作られています。他の部位と同様にチョーキング退色が見受けられます。

塩ビ鋼板の部材を塗装する際は下塗り材の選定が特に重要です。汎用的な下塗り塗料で塗装すると密着が足らず剝がれやすい塗膜となってしまいます。また、塩ビと相性が悪いと塗装後にべたつきが残ってしまい、ホコリを吸着させてかえって汚くなってしまうケースもあります。専用の下塗り材の選定は必須と言えます。

【目地・サッシ周り】

外壁材の繋ぎ目の目地やサッシ周りに充填されているシーリングは前回塗装の際、施工は行わなかったそうで、30年経過したシーリングには切れが随所に見受けられました。

シーリングが切れることで内部に雨水が侵入してしまいます。劣化した既存シーリングは撤去して新たに充填する打ち替えをおすすめします。

【総評】

前回塗装を行ってから20年が経過し、各所に劣化が見受けられました。外壁のひび割れやシーリングの切れなど、躯体に大きな影響を与えてしまう不具合につながる恐れがありますので、早急な施工をおすすめします。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

PAGE TOP