屋根カバー工法のご紹介/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

屋根カバー工法のご紹介/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2022年02月18日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

今回は、代表的な屋根リフォーム手法の一つ『屋根カバー工法』の基礎知識についてご紹介します。

住宅の屋根は、漆喰の補修や屋根材の入れ替えなど、細かなメンテナンス工事も多いですが、全面的な屋根リフォームが必要になる場合もあります。

屋根の全面リフォームには屋根塗装や葺き替え工事などがあるのですが、近年新築住宅で人気のスレート屋根のために考えられたのがカバー工法です。

カバー工法を簡単に説明すると、古くなった既存屋根の上から、そのまま新しい屋根材を葺くという工法で、屋根を重ねて施工することから、重ね葺きなどとも呼ばれます。

このカバー工法は、上述のように新築業界でスレート屋根のシェアがどんどん伸びていく中で、より簡単に屋根のリフォームが進められるように開発された工法となります。

古くから瓦屋根が主流だった日本ですが、近年では耐震性能を考えて、軽量な屋根というのが求められるようになっています。

屋根の重量が重くなってしまうと、その分屋根の重心が高くなってしまうことから、地震の揺れで大きく建物が揺れてしまうため、屋根材の崩落や建物自体の倒壊など、非常に大きな被害が出てしまう危険が高くなるからです。

そのため、瓦よりも軽量で、施工が簡単で安価に施工できるスレート屋根の人気が高くなっています。

それでは、他のリフォーム方法と比較した場合のメリット・デメリットをご紹介します。

 

◆カバー工法のメリット

屋根の全面リフォームを検討した際、カバー工法を採用するのにはさまざまなメリットが存在しています。

以下に代表的なメリットをいくつかご紹介します。

・カバー工法は、既存屋根の撤去が必要ないため、葺き替え工事と比較すると安価で工事が可能です。

・既存屋根の撤去工事が必要ないため、短期間で工事が終わる。

・屋根が二重構造となるため、防音性・断熱性・防水性など、さまざまな屋根機能が向上します。

 

◆カバー工法のデメリット

上記のようなメリットがある一方、いくつかのデメリットも指摘されていますので、以下でご紹介します。

・上で少し触れましたが、屋根が二重構造になるため、元の屋根よりも重量が重くなるのがデメリットです。

ただし、ほとんどの場合、金属屋根素材が新たな屋根材に採用されるため、住宅の耐震性能に大きな影響がないことが殆どです。

・カバー工事を行う際、既存屋根の状況が重要です。

例えば、古くなったスレート材は、水分を含んでいることや、屋根材の重なり部分に雨水が溜まっていることがあります。

このような状態のままカバー工事を進めてしまうと、屋根内に湿気がこもってしまい、屋根下地の劣化を速めてしまうことがあります。

 

◆まとめ◆

今回は、スレート屋根を採用した住宅に住んでいる方ならば、知っておきたいカバー工法の基礎知識をご紹介しました。

ご紹介したように、カバー工事は葺き替え工事と比較すると、安価に工事を進めることができ、工期も短縮できるというメリットが存在します。

しかし、デメリットもあるので慎重に検討し、お近くの塗装店などに相談することをおすすめします。

エムアールでは屋根カバーの実績も豊富なので、ぜひご相談ください!!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

PAGE TOP