刈谷市にお住まいのお客様から現地調査のご依頼をいただきました。/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

刈谷市にお住まいのお客様から現地調査のご依頼をいただきました。/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2022年03月29日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

先日、外壁塗装専門店 刈谷市/知立市 株式会社エムアールにホームページよりお見積りのご依頼を頂き、 刈谷市のM様邸に現場調査に行ってまいりました。

刈谷市M様のご希望の塗装箇所は、外壁と屋根です。築年数はおよそ37年で、2回目の塗装をご検討されていらっしゃいます。

【外壁】

刈谷市M様のお家に実際に調査に伺うと、まず目についたのが既存塗膜の浮きです。

塗膜と外壁素地との間に水が入り浮いてきたものだと思われます。

補修方法としては浮いている箇所を切除して新たな塗膜を形成していきます。

しかしながら、今回塗装を行っても現状浮いていない箇所にも水が入っている可能性が高いため旧塗膜が浮いてきて新たに塗った塗膜が浮いてくるなどの不具合が起こる可能性が高いです。

【屋根】

刈谷市M様邸の屋根はカラーベスト材が施工されており、出歯亀工法で作られていました。

本来、屋根材と屋根材との間には隙間がなくてはならないのですが、刈谷市M様邸の屋根には隙間がなく塗料が目詰まりしている状況です。

こうなってしまうと万が一入った雨水の逃げ道がなく、家に中に侵入する雨漏りを引き起こしてしまいます。

外壁へ侵入した水も屋根が原因ではないかと考えられます。

通常目詰まりしている屋根には縁切りといい目詰まりしている箇所を切除してから、タスペーサーという屋根材との隙間を確保するための物を設置するのですが、残念ながら刈谷市M様邸の屋根は出歯亀工法のためタスペーサーを設置できませんので、屋根カバー工法での補修を提案させていただきます

【付帯部】

刈谷市M様の雨戸や戸袋にチョーキングが見受けられました。

鉄部のチョーキングは錆の前兆でもありますので、劣化が進行する前の塗装をおすすめします。

鉄部はただ塗装するだけでは錆の発生を抑えることができません。

ケレン(錆落とし)を行った後に錆止め用の下塗りを塗布してからの塗装が必要です。

【防水】

既存の防水にはアロンコートと言われる物が塗布されていました。

所々、塗膜が薄くなっている箇所が見受けられるため、塗装による保護をおすすめします。

アロンコートの特徴として塗膜が柔らかいとうことが上げられます。

柔らかいものの上に堅いものを塗ってしまうと塗膜がひび割れてきたりなどの不具合を引き起こしてしまうので、今回は塗膜の柔らかいアトレーヌという塗料を提案させていただきます。

【総評】

刈谷市M様のお家は築37年ということもあり、劣化が進行している箇所が多く見受けられました。

前回施工した業者がしっかりとした知識を持っていれば、屋根のカバー工法などをする必要はなかったと思われます。

今後の業者選びは慎重に行うようにしていくべきですね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

PAGE TOP