防水施工について/知立市・刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール 

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

防水施工について/知立市・刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール 

2019年10月03日

知立市/刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

 

 

・防水施工について

戸建て住宅で施工されている防水について書き込みしていきます。

バルコニーで一番多く施工されている防水は「FRP防水」と呼ばれるものです。

FRP防水は船の船体にも使用されているもので、非常に丈夫ではありますが、紫外線に弱いため「トップコート」を定期的に塗り替えることで長期間良い状態を維持できます。

添付写真は、FRP防水の構造です。

上にも記載しましたが、FRP中塗りまでですと丈夫ではありますが紫外線に弱いため、「トップコート」を塗布します。

塗り替え時注意しないといけないことは、必ずFRP用のトップコートを塗布する事です。

時々事例があるのですが、前回塗り替えをした時に水性のトップコートが使用されたことで、今回FRPトップコートが使用できず、水性を遣わざるを得ない事があります。

FRP用のトップコートは溶剤系のため、水性の上に塗布をすると塗膜が起きてきてしまいます。

前回の塗り替えで水性のトップコートを塗布していたため、トップコートのプライマーを入れた時点で急塗膜が起きてきた例の写真です。

このようになってしまいますので、塗り替え時は必ずFRP防水用のトップコートをお勧めします。

 

では次に、「ウレタン防水」ですが、密着工法と通気緩衝工法の二つがございます。

上記の写真は、通期緩衝工法の構造写真です。ウレタンの層の下に通気緩衝シートが敷かれています。下地とこのシートの間に空気層があり、中にたまった湿気を脱気筒から湿気を逃がすようになっています。

そしてこちらの写真は、バルコニーの「立上り」などで施工される密着工法の構造です。

全て下地と密着しております。

 

次に、「塩ビシート防水」です。

塩ビシート防水には「機械式固定」と「密着」があります。

上記写真は、機械式固定の構造写真です。

屋上防水などで施工されている事が多いものです。円形のところに機械でビスを打ち込み、固定されています。固定されたビスのところがもっこり盛り上がっているため、バルコニーなどの歩行を伴うような箇所には不向きなのです。その場合は、密着工法がおススメです。

どの防水も劣化は防げません。劣化して切れてしまったり、剥がれたりしたら雨漏りに繋がります。

どこまでメンテナンスをすればいいのか、どのタイミングでメンテナンスをしたらいいのか、ご不明な方は多いかと思います。

その時は迷わず、知立市/刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール までお気軽にお問合せ下さい。

心より、お待ちしております。

 

メールでのご相談、お問合せはこちらから

電話でのお問い合わせは0120-62-6140まで

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP