現地調査にて/知立市・刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

現地調査にて/知立市・刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2019年11月29日

知立市/刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

11月25日、外壁塗装専門店 株式会社エムアールにY様よりお見積りのご依頼を頂き、現地調査に行ってまいりました。

お客様の塗装ご希望の箇所は、外壁と屋根の塗装です。

築年数はおよそ12年ほどで、1回目の塗装をご検討されていらっしゃいます。

 

Y様邸は南面のシーリングの劣化が最初に目につきました。

シーリング材が劣化して欠損してしまっています。築12年にしては劣化が早すぎる状況です。雨水の侵入口となりますので早急な対応が必要です。

現状では南面の劣化が顕著ですが、北面などの他部位のシーリングも硬化してひび割れが発生しています。

既存シーリング撤去の上で、新たにシーリングを充填する必要があります。

外壁のチョーキングもかなり進行していました。

外壁材は紫外線から守ることと、雨水を含まないようにさせる役割をしていますが、外壁材が雨水を吸収してしまうと変形が起こり、反りやひび割れを起こしてしまいます。

チョーキングが発生した外壁は高圧洗浄でしっかりと洗い流す事が必要です。また、苔の付着も見受けられましたので、より丁寧な洗浄が必要です。

 

続いて屋根ですが、屋根には苔の付着褪色が見受けられました。

屋根材も劣化すると雨水を吸収して変形を引き起こしますが、塗装を行うことで劣化は防げます

屋根は紫外線を常に浴び続ける箇所ですので、より丁寧な塗装が必要です。

高圧洗浄後に塗装を行いますが、重要なのは下塗りです。下地が傷んでいるようであれば、下塗りを2回行うなどの処置が必要となります。

他にも土台水切りやシャッターボックスなどが紫外線によって劣化していました。

鉄部の劣化は錆びの発生の原因となります。

鉄部の塗装は下地処理が重要になります。ケレン作業(磨き作業)を丁寧に行うことで現状の錆びや劣化した塗膜を除去すると共に塗料の密着性を向上させることができます。

下塗り材にはエポキシ系錆止め(2液)を使用することで、錆の発生を抑制する事ができます。

このような現地調査で分かった内容を「建物診断書」というものを作成し、お客様にご説明と必要なメンテナンスの内容を適切にご案内させて頂いております。

丁寧なご提案、お見積りをお求めの方はぜひ 知立市/刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアールまでお問合せ下さい。

 

 

メールでのご相談、お問合せはこちらから

電話でのお問い合わせは0120-62-6140まで

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP