屋根・カバー工法について【シーガード】/知立市 刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

屋根・カバー工法について【シーガード】/知立市 刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2019年11月26日

知立市/刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

平板ストレート屋根材(カラーベストとも言われています)のメンテナンスについて、今日はご紹介いたします。

現在平板ストレート屋根材のメンテナンスは塗り替えが多くを占めていますが、塗装に向かないストレート材があります。

それはニチハが1996年~2008年まで製造していたパミールという素材を使用した屋根になります。

(パミール屋根の様子)

現在は販売されていませんが、施工後10年ほどで多くのひび割れ剥がれ(ミルフィーユ現象ともいわれています)などの不具合が起き、塗装してもすぐに剥がれてくるため塗装でのメンテナンスが難しくなります。そのため、パミールの屋根の場合は、ガルバリウム板金でのカバー工法か、新たにスレート材で重ね張りするか、と上から蓋をする工事となり、かなり高額な費用がかかる工事となります。

では比較的安くメンテナンスを行うには、どうしたらいいのかという事になりますが。

外壁塗装専門店 株式会社エムアールでご紹介している工法は、『シーガード』といわれるものです。

では、そのシーガードについて少しご紹介したいと思います。

■メリット

従来のカバー工法と異なり、既存のスレート材にビスや釘を打たない、安心で優しい工法になります。

屋根材本体以外の周辺板金は今までの板金を使用することができ、本体面のみリフレッシュできる工法です。また、厚さ0.35mmと薄く、そして軽く、遮熱性に優れており、鋼板の表面は2回焼き付け塗装され耐候性に優れているため、長期的に塗り替えいらずになります。

従来のカバー工法や、スレート材の重ね張りに比べ、工程も少なく工期も短縮されるため、費用も抑えることができます。

 

■デメリット

寸法が決まっているため、特殊なスレート材には使用できません。

雨漏りは止められないため、現状雨漏りが発生している場合はそれを改修してからの工事になります。

また、スレート材に直接強力接着剤で張り付けを行っていくため、スレート材表面の劣化が激しい場合は施工ができない場合があります。

メリット・デメリットを考慮したうえで従来のカバー工法と比較しますと、コストパフォーマンスに優れているのがわかりますよね。施工上問題がないのであれば、シーガードでの施工も視野に入れた方がいいのではないかと思います。

知立市/刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアールでは、現在シーガードの施工をご依頼していただけるお客様が増えてきております。

その家にあった施工をしっかりと行うためのプランをお客様にご提案するのが、我々の務めです。

メンテナンスにお悩みの方、またはご不安などがございましたら、ぜひ一度、お気軽に 知立市/刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアールまでご相談ください。

 

メールでのご相談、お問合せはこちらから

電話でのお問い合わせは0120-62-6140まで

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP