ウレタン防水の施工について/刈谷 刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

ウレタン防水の施工について/刈谷 刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2020年02月21日

知立市/刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

本日は前回に引き続き防水について書かせていただきます。

今回の防水内容は、『ウレタン防水』です。

ウレタン防水は、FRP防水と同じく液状の防水材を硬化させて防水層を形成する塗膜防水です。

大きな違いでいえば、ウレタン防水はFRP防水に比べて柔らかく、動きに対して追従性があります。広めのベランダやアパート、マンションの屋上などに使われることの多い防水工法です。

また液状で施工するので、細かい場所や入り組んだ箇所にも向いています。ほかの防水工法に比べて安価に施工できるケースが多いのも特徴です。

 

ウレタン防水の2つの工法

ウレタン防水は大きく分けて2つの工法があります。

通気緩衝工法密着工法です。

大きな違いは『通気緩衝シートがあるかないか』です。(通気緩衝シートとは、躯体とウレタン防水層の間に通気できる層のあるシートのことです。)

通気緩衝シートがあることによって躯体が水分を含んでいた場合も、揮発した空気が防水層内部にとどまらず抜けていくため、防水層の膨れを防止することができます。(脱気筒などの喚起装具の取り付けが必要です。)

(脱気筒)

通気緩衝工法は床面のみにしか施工することができないため、立面の施工は密着工法で行われます。

密着工法は下地に直接ウレタン防水材を塗布する工法で、補強用メッシュを張り付けて再度ウレタン防水材を塗布することで強度を増すこともできます。

(立面の施工の様子)

密着工法は工事期間が短時間でできる場合が多いため、短期間で防水工事を行いたい場合におススメの工法ともいえます。また、費用が安く抑えられることが多い工法でもあります。

ただ密着工法は、下地の状況に左右されやすいので、ひび割れや遺物の除去などの下地処理が丁寧にされていないと、防水層の膨れや切れにつながる恐れがあります。

 

ウレタン防水は比較的既存防水層や、建物の形状に左右されずに施工できるというケースが多いですが、すべてのケースで施工可能ということではありません。

専門家の診断によって違う工法が適している場合もあります。

 

防水層のメンテナンスに関しては、やはりプロの診断と判断が必要になるものです。

既存の防水層の劣化や雨漏りでお困りの方は、ぜひ一度ご連絡ください。

私たちエムアールが、適切な処置と対応をさせていただきます!

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

PAGE TOP