シーリング工事って何?/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

シーリング工事って何?/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2020年05月11日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

<シーリング工事って何?>

シーリング(コーキングとも言う)工事はシーリング材という弾力性のある樹脂を使った工事のことで、お家の壁と壁の繋ぎ目や窓の廻りに打たれているゴムのようなものと思ってもらえれば分かりやすいと思います。

外壁塗装の見積もりを依頼すると必ずと言っていいほどシーリング工事の記載があり単位はmです。塗装は「塗る」作業ですがシーリングは「打つ」作業です。

外壁の塗り替え時シーリング工事をするべき所は

・ひび割れ

・サイディングの目地

・サッシ廻り

この3箇所が主です。

1.ひび割れ

お家の外壁は長い年月が経てば、金属製でない限りひび割れが起きてくることがありま

す。そのひび割れをそのままにしておくと雨水が侵入し雨漏りや建物の躯体に悪影響を

およぼします。シーリング材を注入することでひび割れが埋まり雨水の侵入を防ぎますし、ゴムのように弾力がありクッションの役割もあるためひび割れの悪化を防げます。

2.サイディング目地

サイディングボードの繋ぎ目を目地と言い、おおよその目地にはシーリングが打たれています。この役割は目地の隙間から雨水が入らないようにすることと、建物は振動しますのでその揺れでサイディングボードも揺れます。シーリングがクッションの役目を担っています。

このシーリングが切れてしまったらどのようになるかと言うと、切れから雨水が侵入し雨漏りを起こしたり壁の内部の木材を腐食させたりしてしまいます。

3.サッシ廻り

外壁目地のシーリング同様雨水が侵入しないようにサッシの廻りにもシーリングが打たれています。こちらも雨漏りに繋がる大事なシーリングです。

シーリング工事には2通りの工法があります。

①打ち替え

既存のシーリングを切り取り新しく打つ工法です。

②増し打ち

既存のシーリングの上から打つ工法です。

どちらの工法がより安心できるかといえば打ち替えです。

古く劣化したシーリングの上から新しくシーリング材を注入しても古いシーリはそのままなので外壁を守る力は弱くなります。しかし増し打ちしかできない場合もありますので必ず充填量が大事になってきます。古いシーリングの上から薄く打っても全く意味がありません。すぐに切れてしまいます。

打ち替えと増し打ちは費用も変わってきます。打ち換えの場合は古いシーリングを撤去する作業もありますので、当然単価も高くなります。安いからと言って増し打ちを選ばれると後々「しまった」と思う時が来るかもしれませんので、担当者とじっくり打ち合わせをした方がいいです。

そのためにも優良な塗装店をお選びください。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP