外壁を触ると手に粉がつく/刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

外壁を触ると手に粉がつく/刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

2020年11月20日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

 

お家の外壁を触ると手に粉がつくことがありますが、実はこの現象が起きているのは傷みが出てきているサインでもあるのです。

 

 

外壁を触ると手についてくる粉は一体何なのかというと、塗料に含まれている顔料が粉になって外壁の表面に出てきたものです。

塗料は、粉状の顔料と合成樹脂に水やシンナーなどを混ぜることで、一般的なペンキのように液体になっています。

塗料を外壁に塗って乾かすと、塗膜(とまく)と呼ばれる薄い保護膜となり、雨風や紫外線、汚れ、カビや苔など、劣化の原因となるものからお家を守ってくれます

しかし、塗料は長い年月が経てば自然と劣化していくもので、紫外線などの影響で塗膜の表面が少しずつ分解されていき、顔料が表面に出てくるため触ると粉が付くようになります。

 

チョークの粉を触ったような状態に似ていることから、この現象は「チョーキング」や「チョーキング現象」、「白亜化(はくあか)現象」などとも呼ばれています。

チョーキングは基本的に長期間紫外線や風雨にあたることで塗膜が劣化して起きてきますが、施工不良でも起きてきます。

下地処理が不十分

・下塗りが不十分

・下地に適した下塗り材を使用しなかった

・塗料を規定より薄めて使用した

・塗料を十分に攪拌しなかった

・下塗りをしなかった

・雨の日など塗料メーカーがカタログ等にて塗装を避けるようにいっている天候のときに塗装した

上記のようなことがありますと通常の経年劣化より早い時期にチョーキングや色あせなどの劣化症状がでてきます。

 

安売りの業者などは職人の人件費を大幅に削減して請け負わせますので、上記のような手抜き工事が横行しています。

いわゆる「安かろう悪かろう」です。見積金額が安いからと飛びつくと後々後悔してしまいます。

そのような手抜きをされないためにも塗装会社の選定が重要になります。

訪問販売などで塗装をすすめられた際、お家の気になる症状が出てきたときにはぜひエムアールにご相談ください!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP