梅雨シーズンは塗装しないべき?/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

梅雨シーズンは塗装しないべき?/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2022年05月08日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

梅雨は塗装を避けるべきなのか?

「外壁塗装をしたいけれど、梅雨になるので塗装ができるか心配。」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

梅雨は雨の日が多くなる分、塗装が途中で中断したり、工事が長期間行えなかったりすることがあります。

また、塗料は雨で品質が低下しやすいため、雨の日にむりやり塗装を行うと、本来の耐久性を持った塗膜が形成されなくなってしまいます。

しかし、雨の日を避けて適切な工事スケジュールを組むことができれば、梅雨の時期でも塗装は可能です。

今回は、雨の日に外壁塗装が行えない理由や、梅雨に外壁塗装を行う時の注意点やポイントについてお話します。

★梅雨に塗装がしにくくなる理由

雨が降っていると、外壁や屋根などの屋外設備は、塗装を行うことができません。

そのため、雨天が多い梅雨は、必然的に塗装を行いにくくなってしまいます。

なぜ、雨が降っていると塗装が行えなくなってしまうのでしょうか?

★塗料への悪影響

雨は、外壁や屋根の塗膜硬化に悪影響を与えます。

乾ききっていない絵の具の上に水がこぼれると、絵の具が溶けてにじんでしまうように、外壁や屋根に塗る塗料も、雨水が当たるとその部分が溶け出してしまいます。

雨で塗料が溶けてしまった箇所は、塗りムラや斑点になってしまうため、再塗装しなければなりません。

★塗膜の強度に不安が残る

もともと、塗料は水分の影響を受けやすい物です。

真水で薄めて使う水性塗料も、希釈率を誤ると、仕上がりの品質が悪くなってしまいます。

誤った希釈率で調合された塗料や、雨で薄まってしまった塗料は、塗膜の剥がれや膨れ、浮き、収縮など、様々な施工不良が生じ、本来の強度を発揮することができません。

★湿度による塗料への影響

各塗料には、施工環境の条件が定められています。

基本的に湿度85%以上、気温5℃以下の施工環境では、塗料が通常通り感想できなくなるため、塗料メーカーから塗装を避けるよう言われています。

基本的に、雨の日は湿度が85%を上回りやすくなります。

湿気が多いと、空気中に含まれる水分が、塗料の硬化を阻害して施工品質が落ちるため、施工することができません。

【梅雨でも塗装はできる!】

梅雨は、雨が降りやすく、塗装を行えない環境になりやすい時期ですが、決して外壁塗装が行えないわけではありません。

外壁塗装工事自体は、台風シーズンやよほどの積雪がない限り、一年中行える工事です。

そのため梅雨も、塗装のベストシーズンとまでは行きませんが、気候条件に左右されることはあっても、適切に工事スケジュールを計画して安全に配慮した施工管理を行えば、外壁塗装を行うことはできます。

また、建物の状態によっては、雨期こそ外壁塗装を行わなければならない恐れがあります。

梅雨に塗装をするメリット

あらかじめ天気予報通りに工事スケジュールを組んでいれば、雨による急な工事の中断や施工ミスが起きる心配も減らすことができます。

むしろ、梅雨はスケジュールに空きが出やすく、他の季節に比べて作業性が増すケースもあるため、塗装業者によっては梅雨の施工を歓迎する所もあります。

★予約が取りやすい

雨で工事が中断している時でも、打ち合わせや室内の雨漏り点検などは行うことができます。

そのため、雨が続いていても、室内で起きた不具合の診断に関しては、地域内の業者の施工予約を取りやすくなります。

また、他のお客さんが梅雨の塗装を避けやすくなるため、業者も比較的スケジュールが軽くなっていることが多く、繁忙期に比べると、梅雨の時期は比較的容易に業者のスケジュールを押さえることが可能です。

 

★梅雨に塗装をする際の注意点

これまでご説明した通り、外壁塗装は、梅雨でも実施することは可能です。

ただし、工事が長期間中断する可能性や、塗料が雨や湿度の影響を受けやすいという点を理解したうえで、適切に工事工程を組んでくれる業者を選ぶ必要があります。

1,長期間の工事中断に備える

梅雨の時期に最も気を付けなければならないのが、雨で何日も工事が中断してしまうケースです。

工事が長期間中断すると、中断しているあいだも、足場や養生シートで家が覆われ、窓が開けられなくなり、ただでさえ湿気でじめじめしやすい時期に、暗い室内で何日も過ごさなければなりません。

2,降雨時の作業は避けてもらう

施工品質の低下が危ぶまれる天候にも関わらず、むりやり工事を強行しようとする業者にはくれぐれも注意が必要です。

工事がスタートしている以上、既に業者との契約は済んでしまっているので、もし、雨の日に無理に塗装を行おうとする業者と契約してしまった時は、なんとしても塗装を避けてもらうよう相談しなくてはなりません。

【まとめ】

雨が降りやすい梅雨は、外壁塗装が行えない時期ではなく、業者によっては施工を歓迎されることさえある時期です。

雨や湿気による塗料の劣化や施工環境の安全性低下なども、梅雨の季節以外でも起こりうることですので、梅雨だからと言って、これらの不安材料が常に揃うわけではありません。

ただし、施主の意思を無視して一つでも施工件数を稼ごうとする業者は、雨でも塗装を強行しようとするため、雨の多い梅雨はふだんよりも危険性が増してしまいます。

梅雨時の外壁塗装をお考えであれば、雨を見越して工事工程を組んでくれる、優良業者を選んでね!!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

PAGE TOP