東浦町K様邸 下塗り検査実施/知立 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

東浦町K様邸 下塗り検査実施/知立 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2019年06月13日

知立市・刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

<東浦町 K様邸 下塗り検査実施について>

先日、『ただいま塗り替え中』にも投稿させて頂いております、東浦町K様邸において下塗り検査を実施致しました。

なぜ下塗り検査を実施するかといいますと、下塗りは非常に大事だからです。

下塗りは、上塗り材の密着を浴したり、上塗り材の外壁への吸い込みを止めたり、など本来ある上塗り材の耐久性を保持させる役割を担っています。

この下塗りが不十分ですと、数年で塗膜剥離等の不具合が起きる可能性が高まってしまいます

決して弊社塗装職人を信用していないわけではありません。人間がする作業ですので、時には見落としてしまう事もあります。それを防ぐためにも二重三重とチェックすることで抜けもなくなり、高品質施工が可能になっています。

ちなみに今回の下塗り検査のチェック項目は下記のような内容でした。

(外壁)問題なくしっかりと下塗り施工されています。

(軒天と壁との取り合い部分)ローラーが難しいところも刷毛で施工されています。

(破風板と壁との取り合い部分)ここも刷毛で問題なく施工されています。

(エアコンダクトカバーの裏)ここもローラーが入らなく、刷毛が入るところまでしっかりと施工されています。

(サッシ廻り)ここも問題なく施工されています。

(タイル調外壁との繋ぎ部分)

若干あまいところがあり、やり直し指示をし、クリアーしました。

(換気フード廻り)問題ありません。

(雨樋掴み金具)全箇所錆止めと獠がしっかり施工されています。

その他シャッターボックス、土台水切りなど板金部分にも錆止め塗料が問題なく施工されております。

弊社職人には存在しませんが、樋掴み金具の錆止め塗装工程を抜かしたり、或いは竪樋の裏にある外壁目地シーリングを『打ち替え』工法ではなく『打ち増し』で済ましてしまうなどの手抜きをしてしまう話をよく耳にします。

上塗りまでしてしまうとなかなか一般の方にはわからないので十分気を付けないといけません。何年か後にはボロがでてきますが、後の祭りにならないよう業者選びは大事な事です。

塗装でお困りごとがございましたら、お気軽に弊社刈谷市外壁塗装専門店 株式会社エムアールまでご連絡ください。

 

 

メールでのご相談、お問合せはこちらから

電話でのお問い合わせは0120-62-6140まで

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP