なぜ起こる?雨漏り /知立市・刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

なぜ起こる?雨漏り /知立市・刈谷市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2020年01月17日

知立市/刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

本日は雨漏りの起こる原因について書いていきます。

雨漏りの原因として多いものは

・ベランダなどの防水層の劣化による雨漏り

・サッシ周りや外壁目地のシーリング劣化による雨漏り

・外壁材の劣化による雨漏り

・屋根材の劣化による雨漏り

・幕板などの付帯部分の劣化による雨漏り

 

などがあげられます。

ベランダの雨漏りは既存防水層が劣化したことにより、防水層に切れや穴が空き、そこから雨漏りを引き起こします。防水層の劣化は紫外線による劣化が多くの原因を占めています。

そのため、ベランダ床に敷物を敷くことで劣化を抑える事が可能です。

ベランダの防水層に切れなどが見受けられた場合はプロに相談する事をおすすめします。ホームセンターなどで補修材を購入して対処する事も可能ですが、既存防水層と補修材の相性が悪く

修繕を行ったことにより防水層に損傷を与えてしまい、雨漏りがより酷くなってしまうケースがあるからです。

 

シーリングの劣化による雨漏りは、シーリングが切れたことにより建物内部に雨水が浸入して起こります。外壁材の内部に防水シート(2次防水)があるのでシーリングの切れた箇所の下部の窓や1階の軒天から雨漏りします。

構造上の雨漏りの仕組みは後日かかせて頂きます。

 

外壁材の劣化による雨漏りは、シーリングの劣化による雨漏りに連動しています。シーリングが切れて雨水が内部に侵入した事により、外壁材が雨水を吸収して変形を起こし、ひび割れなどが起こります。そしてひび割れた箇所から雨水がより浸入して雨漏りを引き起こします。

 

付帯部の劣化の雨漏りも、基本的には変形やひび割れによって内部に雨水が浸入することによって起こります。部材を固定するビスや釘が外れてしまって、雨水の侵入を許してしまう場合もあります。

屋根材の劣化による雨漏りは様々な場合があります。屋根材自体が劣化して欠損した事による雨漏り、棟包み板金などの金物が浮いてしまい、雨漏りを引き起こしてしまう、屋根材の排水の不具合など多岐にわたります。

屋根の雨漏りの場合はご自身で確認する事は難しいと思います。

安全のためにも、プロへ診断をご依頼して頂く事をお勧め致します。

 

一言に『雨漏り』と言っても、原因は様々です。築年数、立地条件が一軒一軒違うため、同じ原因で雨漏りが起きているとは考えづらく、漏水状況の考察や散水実験などで原因を絞っていくにも経験と知識が必要です。

知立市・刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール では、『雨漏り診断士』を取得した診断のプロがお客様の大切なお家をチェックさせて頂いております。

何かお困りの事があれば、お気軽にご連絡ください。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP