S様邸 現地調査/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

S様邸 現地調査/刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2020年06月26日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

<現地調査報告>

先週刈谷市S様邸の現地調査に伺いました。

外壁 サイディング リシン吹付け

屋根 瓦

①外壁

劣化症状としては、チョーキング現象が起きていました。チョーキング現象とは塗料に含まれている樹脂成分(シリコン・フッソなど)と顔料が劣化により分離し顔料が粉に戻って表面に現れてくる現象です。外壁の劣化症状の一つですが塗り替え時期の目安でもあります。チョーキング現象が起きますと塗膜の撥水効果が薄れてきていますので、雨水が直接サイディングボードに浸透しやすくなりボードの変形や反りにつながる可能性が大きくなります。また、陽の当たらない場所には苔や藻が繁殖しやすくなります。

クラックも発生しています。雨水侵入に繋がり放置するとクラックが広がり雨漏りにつながります。

②屋根(瓦)

瓦のため塗装はしませんが(塗装しないといけない瓦もあります)、弊社では必ず屋根も登りチェックします。瓦でも割れや欠けがあったり漆喰が劣化していることもあります。

棟瓦押えビス

建物は微妙に揺れるため自然と抜けてくることがあります。弊社では通常作業でビスの打ち込み直しは行います。

③破風・鼻隠し

チョーキング現象が見受けられました。

④雨樋・雨樋掴み金具

雨樋はチョーキング現象は見受けられませんでしたが、色褪せが顕著です。塩化ビニール製なので劣化が進むと弾力性がなくなり少しの衝撃で破損の恐れがあり、強風時風の抵抗に負け折れる恐れもありますので塗装して紫外線・風雨から守る必要があります。掴み金具は錆が起きつつあります。

⑤シーリング(外壁目地・サッシ廻り)

切れが起きてきており、バックアップ材まで露出しています。ここまで来ていますと壁の中まで雨水が侵入している可能性が大です。雨漏りに繋がりますし、外壁内部のサイディングボードを貼り付けている下地(胴縁)の腐食に繋がります。シーリングは水が入ってはいけないところに打ってあるので、そこのシーリングが切れると、やはり建物には良い状況ではありません。

その他にも軒天・水切・雨戸などチェックしましたが、劣化症状が見受けられましたので早急な対応が必要と判断しました。

なかなか難しいかもしれませんが劣化進行する前にメンテナンスをしていくことで建物を長持ちさせることができますので、日頃からチェックすることが必要ではないかと考えます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP