バルコニーの防水工事とは? 刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

無料相談・無料見積り・お問い合わせはこちら

エムアールブログ

バルコニーの防水工事とは? 刈谷市 知立市 外壁リフォーム 外壁塗装 株式会社エムアール

2020年09月04日

刈谷市 知立市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール

 

<バルコニー防水>

バルコニーに不具合が発生しますと、雨漏りの原因となりますので定期的なメンテナンスが必要です。そのタイミングは概ね外壁の塗り替え時ですが、最近は高耐久の外壁塗料で塗り替えされるお客様が増えていますので、少なくても10年毎に点検することをお勧めします。

お家のバルコニーには建築した時必ず防水が施工されています。防水が施工されていないと雨漏りが発生してしまう可能性があります。

バルコニー防水は防水効果のある塗料を塗ったり、防水シートを貼ったりといった工事でバルコニーの床材に水が染み込まないようにするために施工します。

バルコニーと同じように、屋根も上から雨水を受ける部分ですが、屋根には勾配と呼ばれる傾斜が付いているため水が溜まることはありませんが、バルコニーは屋根ほど傾斜がなく水が溜まりやすく防水機能がなければ、水が染みて雨漏りが発生してしまいます。

また、防水が施工されていてもノーメンテナンスで良いわけでなく、バルコニー防水の表面に塗られているトップコートがひび割れしたり、床材と防水層の間が浮いてきたり、塩ビシートが切れたりすると雨漏りに繋がるため定期的なメンテナンスが必要です。

一般の戸建住宅に使用されているバルコニー防水はFRP防止・ウレタン防水・塩ビシート防水があります。

 

(FRP防水)

FRPの樹脂とガラス繊維のマットで防水層を作りその上にトップコートを塗布しています。

FRPの防水層は非常に丈夫にできており、家の中で例えますとお風呂の浴槽がFRPでできています。浴槽の床が抜けてしまったという話は聞いたことがないと思いますが、それだけ丈夫にできています。ただ、紫外線に弱いためトップコートを塗布して紫外線から守っています。このトップコートがひび割れを起こし防水層に雨水が当たると徐々に劣化していきますので定期的にトップコートを塗り替える必要があります。また、施工不良などで床材とFRPの防水層の密着が悪く浮いてしまうと防水層の補修も必要になります。

(ウレタン防水)

ウレタン樹脂を何層も重ねて塗布することで防水層を形成しています。劣化症状としてはウレタンの層が硬化しひび割れが起きたり、塗膜剥離などがおきてきます。劣化部分だけの補修で済む場合とバルコニー全体を補修しないといけない場合がありますので専門業者に相談してください。

(塩ビシート防水)

塩ビシートをアンカーで固定する機械式固定工法と直接床材に貼っていく密着工法があります。どちらも劣化してきますとシートの弾力性がなくなったり、或いは何かで傷つけて切れてしまったりという劣化や不具合が生じます。シート防水も部分補修で済む場合と全体を補修しないといけない場合があります。

 

お家のバルコニーがどのような防水仕様になっていて、防水機能を維持するためのメンテナンスをどのようにしたらいいかはやはり専門業者に相談されるべきですので、その際はぜひ 刈谷市 外壁塗装専門店 株式会社エムアール までご一報ください!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方はぜひショールームに来店して頂き、ご質問してください!

愛知県刈谷市・知立市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社エムアール

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら→来店予約

塗装専門ショールームには塗装に関する情報が盛りだくさん!

皆様が実際に見て、触って、感じて頂けるものをご用意しております。

 

エムアールの施工事例はこちら

エムアールの塗装ラインナップはこちら

刈谷市 知立市 大府市 高浜市 碧南市 安城市 外壁塗装 外壁リフォーム シーリング コーキング 屋根塗装  防水工事 瑕疵保険 

PAGE TOP